上肢作業に基づく疾病【上肢障害】の労災認定基準・申請・認定・審査請求(腱鞘炎、手根管症候群、頸肩腕症候群(障害)、上腕骨外(内)上顆炎等】

1 上肢作業に基づく疾病の業務上外の認定基準について 【1997(平成9)年2月3日 基発第65号】

上肢作業の負荷によって発症する疾病についての労災認定基準は、「上肢作業に基づく疾病の業務上外の認定基準について」(1997(平成9)年2月3日 基発第65号、以下、基発65号)のことである。

「上肢障害」と名付けられた対象疾病は

基発65号で定義された対象疾病は、「上肢作業に基づく疾病(いわゆる「上肢障害)」と名付けられている。

そして、上肢障害とは医学上の 症状(症候)に基づく疾病名としては、

上腕骨外(内)上顆炎
肘部管症候群
回外(内)筋症候群
手関節炎
腱炎
腱鞘炎
手根管症候群
書痙
書痙様症状
頸肩腕症候群

など、と記載されている。

これらは、いわゆる、筋骨格系障害(あるいは筋骨格系疾患)に含まれ、職場の職業性疾病(作業関連疾患)としては、もっとも一般的なものであり、現実においては労災認定基準によって認定される場合が全体の発症数に比べれば少ないとはいえ、労災・職業病統計においてはとても多い。

日本産業衛生学会においては、労働負荷に起因する頸、肩、腕の疾病(障害)ということで、頸肩腕障害という定義を提唱してきている。

「頸肩腕障害」「上肢障害」については、多くの議論がなされ、さまざまな成果もあり、「認定が制限されすぎている」という認定基準批判や認定基準を運用する認定当局(厚生労働省、地方公務員災害補償基金など)に対する批判が根強くあるので、労災申請しても認定されなかったり、労基署サイドに「認定は難しい」ということを言われた場合でも、すぐにあきらめてしまわないことが、とても大事である。

そうしたときは、まずは、上肢障害の認定事例の経験のある専門家などに相談してみることだ。全国労働安全衛生センター連絡会議(全国安全センターや加盟の各地域安全センターに相談されることを勧めます。

全国安全センターの相談窓口03-3636-3882

各地域の労働安全センターの相談窓口

「頸肩腕障害」「上肢障害」に関する様々な論点の詳細についてはひとまずおき、まずは、上肢障害の労災認定基準の全体構成がどうなっているのかを知ることが大切である。以下が労災認定基準本体通達であるので、まずは一読していただきたい。

上肢作業に基づく疾病の業務上外の認定基準について 【1992(平成9)年2月3日 基発第65号】

2 上肢作業に基づく疾病の業務上外の認定基準の運用上の留意点について【1997(平成9)年2月3日 事務連絡第1号】

上記65号通達の一体のものとして労災認定実務について記載された行政文書がこれである。65通達の解説となっているので、最低この事務連絡を読んでおかないと認定基準が理解できない。

上肢作業に基づく疾病の業務上外の認定基準の運用上の留意点について【1997(平成9)年2月3日 事務連絡第1号】

3 上肢障害の労災認定基準をみる視点~解説と事例~

労災認定基準一般についていえることだが、労災認定基準は「これに該当すれば、すぐ、認定して良い」という、迅速な認定のための目安という側面をもつということである。したがって、労災認定基準に該当していない項目がたとえあったとしても、ただちに不認定にするための基準ではない。つまり、労災実務を迅速に行うためのものだということだ。

この点を踏まえた上で、上肢障害の労災申請や労災認定への壁に突き当たったときには、次にあげる労災事例や解説を参考にしていただきたい。

要は、簡単にあきらめないこと、「だれがかんがえても労災だろう」という自分やまわりの仲間の気持ちがまず大切だ。

各記事に関連して相談されたいときは、それぞれのリンク先記事に記載されている各地域労働安全衛生センターか当全国安全センターまでご連絡ください。

労災事例・解説など(クリックしてすぐ表示されない場合は、ブラウザの表示を更新してみてください)
頸肩腕障害、逆転労災認定-炭・マキ運搬作業に2年間従事●兵庫
弾発指と頸肩腕障害を認定-レバー付きの洗浄機による作業●大分
書類の確認処理で頸肩腕障害-郵便・宅急便の仕分け、配送作業●東京
また日系ペルー人頸肩腕障害-佐川急便宅配集荷センター●東京
頸肩腕障害、労災認定獲得へ-うすけぼ支部 闘いの道程●東京
2007年版頸肩腕障害の定義・診断基準・病像等-日本産業衛生学会頸肩腕障害研究会
派遣社員の頸肩腕障害に労災認定~締切りに追われる翻訳業務●東京
「頸肩腕障害」をようやく公認-作業関連疾患として●日本整形外科学会
炊事作業で頸肩腕障害-サポーター巻けば仕事できる?●東京
上肢作業障害の半世紀 「上肢作業に基づく疾病の認定基準」に関する見解 日本産業衛生学会頸肩腕障害研究会<安情>
車両整備士の頸肩腕障害、労災認定-寒冷下の洗車作業で症状悪化●東京
電算写植操作で頸肩腕障害、労災認定-新認定基準適用も、不要な検査求める悪影響●東京
■特集2/「上肢障害」認定基準の改正 頸肩腕障害-職業病の医学 湘南中央病院名誉院長・今井重信<安情>
頸肩腕障害で労災申請-印刷・出版職場のVDT問題●東京
手話通訳者の頸肩腕障害-県立ろう学校で公務災害認定●広島
メッキ工場での頸肩腕障害-「外傷性関節炎」よく聞けば「頸肩腕障害」も。会社の間違いでトラブル●大阪
レジ作業の頸肩腕障害、労災認定と予防-パート労働組含の取り組み●東京
伝票複写等で頸肩腕障害、労災認定-正確な調査を労基署に再三要求●広島
ボス式レジでの頸肩腕障害(ケイワン)認定-スーパーマーケットの女性労働者●東京
パソコン・FAX作業で腱鞘炎-倉庫の受発注システム担当者 東京●A・Mさんからの寄稿
畳職人の腱鞘炎を労災認定-製造枚数だけではわからない過重性-第2種特別加入者の場合●東京
各地の便り 橋梁製造溶接作業で腱鞘炎-神奈川●申請から2か月半のスピード認定(神奈川労災職業病センター)<安情>
各地の便り ヤスリの握りを自主的に改善-広島●拇指腱鞘炎の予防対策(広島労働安全衛生センター)<安情>
各地の便り 化学分析作業での腱鞘炎-大阪●精密作業の繰り返しが原因(関西労働者安全センター)<安情>
各地の便り パソコン作業で腱鞘炎-東京●同じ職場で2人目の労災申請(東京東部労災職業病センター)<安情>
各地の便り パソコンによる翻訳作業で-東京●腱鞘炎を業務上認定(東京東部労災職業病センター)<安情>
各地の便り 印刷・出版職場のVDT問題-東京●腱鞘炎・頸肩腕障害で労災申請(東京東部労災職業病センター)<安情>
各地の便り 梱包作業での両手首腱鞘炎認定-東京●中国帰国者の女性の事例(東京東部労災職業病センター)<安情>
各地の便り パン工場で手根管症候群-愛媛●労働基準監督署の調査姿勢に問題(愛媛労働者安全センター)<安情>
各地の便り 料亭配膳係の手根管症候群-東京●転医後も業務上と認定(東京東部労災職業病センター)<安情>
各地の便り 指曲がり症追加申請へ-兵庫●調理員の手根管症候群にも注目(関西労働者安全センター)<安情>
各地の便り 競艇場の窓口業務で職業病-兵庫●手根管症候群などを労災認定(尼崎労働者安全衛生センター)<安情>
世界から 多発する手根管症候群-アメリカ●推定有病者数が約70万人<安情>
各地の便り 手根管症候群の労災認定-大阪●そば屋勤務の女性労働者(関西労災職業病研究会)<安情>

厚生労働省・上肢障害の労災認定(リーフレット)