全国労働安全衛生センター連絡会議では、原発関連労働者支援局を設置し、放射線被ばく労働に従事する労働者の安全衛生対策、放射線障害の労災問題に取組んでいます。

これまでには、1970年代~80年代、関西労働者安全センターが敦賀原発で定期検査に従事し、放射線皮膚障害を発症した岩嘉数幸さんの労災認定闘争に取組み、また2000年代、神川労災職業病センターが福島原発等の工事現場監督だった長尾光明さんの多発性骨髄腫を初めて業務上疾病として認めさせ、東京電力に対する原子力損害賠償法に基づく裁判に取組みました。

2011年3月11日、東日本大震災よって東京電力福島第一原発は、3つの原子炉で炉心溶融が起き、2つの原子炉建屋が水素爆発で吹き飛びました。政府は電離放射線障害防止規則の特例措置として、緊急時被ばく線量の上限を100mSvから250mSvに引上げ、命がけで事故処理、収束作業に当たる作業員に、凄まじい高線量の放射線被ばくを強いました。

私たちは、いかに緊急事態とはいえ、緊急時被ばく線量の引上げを一方的に強行し、作業員に大量被ばくを容認した政府の対応を見過ごすわけにはいきませんでした。同年5月、関連省庁と交渉を行い、緊急時被ばく線量引上げの検証と撤回を求め、緊急作業従事者の健康管理、放射線被ばく防護対策の徹底を要請しました。

その後も被ばく労働問題に関連する省庁交渉を、原子力資料情報室、原水爆禁止国民会議等、他団体とも連携しながら継続しており、2020年3月で20回目を数えています。

これまで緊急時被ばく線量引上げの検証と撤回をはじめ、被ばくリスク低減と安全を最優先した廃炉工程の見直し、作業員の安全衛生、被ばく防護対策の徹底、労働条件、待遇改善、長期健康管理制度の確立、被ばく線量の一元的管理の制度化、技能実習生の除染業務と外国人労働者の被ばく労働への受入れ反対等を提起し、交渉しています。

また被ばく労働を考えるネットワーク、フクシマ原発労働者相談センターとも連携し、原発や除染での被ばく労働に従事する労働者の相談活動や労災問題に取組んでいます。

福島原発の事故収束作業等で放射線被ばくによる白血病を発症し、2015年10月に労災認定されたあらかぶさん(通称)は、同年11月、東電、九電を被告とする損害賠償請求裁判を提訴しました。私たちは「福島原発被ばく労災 損害賠償裁判を支える会」(あらかぶさんの裁判を支える会)を結成し、毎回傍聴や報告会を開催し、裁判闘争を支援しています。

2017年10月、福島第一原発で過労死した自動車整備工の猪狩忠昭さんの労災認定を支援し、東電や元請企業、雇主企業の過労死責任を追及する裁判闘争にも協力しています。

原子力関連労働者支援局では、今後も省庁との交渉をはじめ、様々な専門団体、NPO、労組と協力しながら、被ばく労働に従事する労働者のいのちと健康、権利を守るための取組みを進めていきます。

ルポ「1カ月」~東日本大震災・福島第一原発事故・ニュースにならなかった日々(目次)~柚岡明彦

安全センター情報2013年7月号~2016年7月号(25回連載)  石巻市 黒い津波に襲われて/あのなかに近所の人が・南相馬市 夫と孫を黒い津波に奪われて㊤・南相馬市、大熊町 夫と孫を黒い津波に奪われて㊥・大熊町 夫と孫 […]

被ばく労働問題に対する私たちの取り組み

関係団体と協力して開催している被ばく労働問題に関する省庁交渉は、回を重ねており、引き続き継続していきます。 緊喫の最低課題は、緊急作業時被ばく線量限度引き上げの問題ですが、東電福島第一原発における労働災害多発、偽装派遣・ […]

3人のベトナム人技能実習生を除染作業に従事させた会社を提訴: 福島地裁郡山支部

9月2日、福島県内で除染作業に従事させられたベトナム人技能実習生の3人の男性が、雇主の(株)日和田に対して損害賠償請求の裁判を福島地裁郡山支部に提訴した。原告の3人のベトナム青年はすでに帰国しているため、9月4日、厚生労 […]

特集/福島第一原発における被ばく労働の現状と課題-放射線被ばく、労災、過労死 。外国人労働者導入は見送り

被ばく労働問題省庁交渉、労災認定・裁判支援等 2019/07 飯田勝泰(東京労働安全衛生センター事務局長) 目次はじめに1 廃炉・汚染水対策の現状2 福島第一の被ばく労働の実状3 第18回被ばく労働問題省庁交渉○福島第一 […]

技能実習生の除染業務調査 法務省等:実態調査はきわめて不十分

2018年10月号で岩手・福島等における除染作業にベトナム人技能実習生が従事させられている問題を報告した。私たちは2018年3月14日に、全統一労組、移住者と連帯する全国ネットワークとともに参議院議員会館で記者会見を開き […]

技能実習生が除染労働 ベトナム人Aさんの事例から発覚/岩手・福島

目次 「建設機械・解体・土木」で「除染」 避難地域での被ばく労働も緊急報告会を開催さらなる発覚 実態解明を 「建設機械・解体・土木」で「除染」 技能実習生が除染労働など被ばく労働に従事させられていた事実が明らかになり、大 […]

白血病・原発被ばく労災「あらかぶさん裁判」はじまる/福島原発事故から7年 被ばく労働問題の現状と課題

飯田勝泰(東京労働安全衛生センター事務局長) 目次はじめに1 福島原発における被ばく状況2 容器へのロボット投入で高線量被ばく3 相次ぐ白血病、甲状腺がんの労災4 被ばく労災の責任を問う、あらかぶさんの裁判5 死亡重症災 […]

職業病リスト見直し:7疾病(多発性骨髄腫、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)等)追加 、対象業務の追加等も2疾病

労働基準法施行規則第35条専門検討会報告書(2009年12月21日) 厚生労働省は2009年12月21日付けで、「労働基準法施行規則第35条専門検討会報告書」を公表した。わが国の「職業病リスト」(労働基準法施行規則(別表 […]

原発被ばくで悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫) 初めての労災認定

片岡明彦(関西労働者安全センター) 目次自庁取消しで業務上決定白血病認定基準の3倍以上被ばく厚生労働省申し入れ 自庁取消しで業務上決定 本誌既報(2008年3月号、6月号)の悪性リンパ腫で亡くなった故喜友名正さんのご遺族 […]

悪性リンパ腫労災認定を求める 厚生生労働省と交渉、署名提出

川本浩之(神奈川労災職業病センター) 2008年3月6日、「喜友名正さんの労災認定を支援する会」主催で、厚生労働省との交渉が行われた。沖縄から喜友名さんのお連れ合いの末子さんと、代理人の金高弁護士も参加し、直接、厚生労働 […]