2019年1月以降の安全センター情報「世界から」のコーナーに掲載してきた韓国関連ニュースを当サイトにまとめてアップし、現在、逐次更新中です。

当サイトの「韓国ニュース」に掲載されている記事は、韓国で発行されている「日刊毎日労働ニュース」、「民衆の声」、「京郷新聞」、「労働と世界」などから安全衛生・労災・職業病に関連した記事を選んで日本語に翻訳したものです。

記事のセレクトと翻訳はすべて中村猛氏が担当しています。
中村猛氏は日韓民主労働者連帯代表、関西労働者安全センター事務局次長として、長年にわたり日韓労働交流に力を尽くし、いまも現役です。

日刊毎日労働ニュース」とは、

1993年創刊された労働専門のメディアで、現在はオン・オフラインで発行されている。民主と進歩、福祉と平和を主として主張し、進歩的な主張、労働運動の発展と社会進歩を支持している。保守的な経済紙の観点に対して、労働と進歩に基盤を置いた見解と論調を維持し、特定の利害関係によって偏向しない正論を追求し、労働と進歩の全てのものを盛り込んだオン・オフラインの統合媒体の構築を目標にしている。主な事業は、日刊毎日労働ニュースの発行、インターネット・レイバートゥデイの運営、出版編集業・サービス事業など。日刊毎日労働ニュースは、日本の写真週刊誌を連想させる雑誌で、これが日刊紙であることに、すなわち、それだけ労働関係の題材があることと、その取材力量は驚くばかりである。会長のパク・スンウプさんは元々は学習塾の経営者で、その収益のすべてをこの事業につぎ込んでいると言われている。

by中村猛

「日刊毎日労働ニュース」サイトは、http://www.labortoday.co.kr/

民衆の声」とは

民衆の声は、2000年5月15日に創刊された韓国のインターネットメディア。進歩的な論調を堅持し、資本と権力に対抗し、労働者をはじめとする民衆の闘争を報告するために力を注いでいる。特にSNSで広く流通している。韓国のメディア環境は、いわゆる「記者クラブ」的なシステムだが、2008年に警察庁担当記者の資格を、その後国会と政府省庁に正式取材許可を得た。2006年から2009年まで、軍事独裁時代の1985年に創刊された韓国初の抵抗メディア「月刊マル」の編集を代行していた。既成メディアがアクセスすることを好まない進歩的議題と現場の高い密着性を示している。

by中村猛

「民衆の声」サイトは、https://www.vop.co.kr/

京郷新聞」とは

『京郷新聞』は、カトリック財団の新聞として、1946年10月6日に創刊された。創刊当初は反共的・保守的な性格だったが、1959年、李承晩・自由党政権に対する不満から、政権に対する野党性と反独裁路線を明確に打ち出すようになった。1959年4月には強制的に廃刊させられたが、四月革命によって1960年4月に復刊する。その後、何度かの深刻な経営難を経験し、1998年に韓国初の社員株主会社となった。政治的には中道左派だが「中道メディア」に分類される。フェミニズムに好意的で人権問題に関心を持ち、人権に関するテーマを多く扱う。全泰壱が訴えた平和市場の縫製工の労働問題を取り上げたことでも知られる。民主労総の事務所は、京鄕新聞本社ビルの中に所在する。

by中村猛

「京郷新聞」サイトは、 http://www.khan.co.kr/

労働と世界」は、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の機関紙。

草の根の視点から見た韓国のアスベスト禁止-なぜそれが起こったのか?

ペク・ドミョン(白道明)他 Domyung Paek, et.al., IJERPH, 2017, 15, 198 目次抄録:1. はじめに2. アスベスト問題及び管理2.1. アスベスト産業とアスベスト利用2.2. ア […]

裁判所「肺機能検査の基準に達しなくても塵肺症を認定」 2021年9月27日 韓国の労災・安全衛生

石炭を採掘した労働者が、肺機能の再検査を受けることができない状態で死亡し、『肺機能検査指針』を充足できなくても、既存の検査結果は信頼できるという判決が出た。裁判所は肺機能の検査結果のうち、適合性基準を充足する検査回数が3 […]

アルゴリズム、労働安全規制を本格化するか 2021年9月27日 韓国の労災・安全衛生

安全保健公団が配達プラットホーム労働者の運行ビッグデータを収集している。ソウル・釜山を始めとする5地域の配達労働者、100人余りを4ヶ月間で収集した運行データは『安全配達時間産出システム』に使われる予定だ。アルゴリズム労 […]

龍仁市、メッセンジャーで建築物の解体工事現場を随時点検 2021年9月23日 韓国の労災・安全衛生

龍仁(ヨンイン)市が10月からメッセンジャーを利用して、館内340ヶ所の建築物解体工事現場を常時点検する。 これは6月に光州で発生した解体工事現場の崩壊事故のような惨事を防ぐために、常時点検体系を構築して現場の工程を把握 […]

ハンファ防衛産業の子会社、労働者の血液疾患症が次々と労災(産災)認定 2021年9月23日 韓国の労災・安全衛生

ハンファ・ディフェンスとハンファ・エアロスペースで、金属の表面処理作業をした労働者が相次いで骨髄異常疾病で業務上災害と判定された。これまで電子・半導体産業で主に発生していた有害・発ガン物質の使用による白血病と職業病の問題 […]

知らせのない疫学調査結果、待っていた労働者は亡くなった 2021年9月23日 韓国の労災・安全衛生

「2019年12月に産災を申請したのに、今まで何の進行事項も教えてくれませんでした。未だ疫学調査が終わらず、1年8ヶ月という時間が流れました。その間に妻の病状はずっと悪くなりました。死の峠も越えて、辛うじて生き続けていま […]

22次世界安全保健大会「補償を越えて予防に」 2021年9月23日 韓国の労災・安全衛生

22次世界安全保健大会(World Congress on Safety and Health)が、テレビ会議方式で、20日から23日までの三泊四日の日程で、122ヶ国の関係者が参加してカナダで開かれている。「連結された […]

『重大災害法施行令』労働界の反発続く・・母法の改正要求も 2021年9月10日 韓国の労災・安全衛生

重大災害企業処罰法の具体的な施行内容を定める施行令の制定案が、労働界の反発にも拘わらず、大きな修正なく規制改革委員会審査を経て、閣僚会議で議決されると予想される。労働市民社会団体は「中途半端法」と批判した。 重大災害企業 […]

韓国大法院全員合議体「労働(産業)災害立証の責任は被害者にある」 2021年9月10日 韓国の労災・安全衛生

大法院が、業務と災害の間の因果関係を立証する責任は労働者にあると判示した。既存の判断がそのまま維持されたことで、証明責任を緩和すべきだという産業災害被害者の呼び掛けは、大法院の門の前で止まってしまった。 大法院の全員合議 […]

被害者の72%が退職「性暴力によるキャリア断絶」知っていますか 2021年9月10日 韓国の労災・安全衛生

#1.会食後、家に帰ったら代表から電話が。セクハラ電話だったんですが、代表からの電話だったので切るに切られず。鼾が聞えたのでやっと切りました。一晩中悩んで、翌日このことを代表に話したら、自分はそんなことはしていないと言っ […]