セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメント、アカデミックハラスメント、モラスハラスメント、アルコールハラスメント、ソーシャルメディアハラスメントなどあらゆるハラスメント、加えて男女差別、障害者差別、人種差別などが、職場には存在する。
 多様化し複雑化する職場で過剰なストレスにさらされ、メンタル不調に陥ることも少なくない。メンタルヘルス・ハラスメント対策局は、気持ちよく意欲を持って安全に働ける職場を目指して、相談事例や職場での対策についての情報共有、それを元に行政への提言を行っている。

自殺に対するHSEの取り組みが命を救うことができる:ただ、それをしたくないだけだ/Hazards.Magazine,.Number.163,.July-September.2023-英:HSEに自殺に対する取り組みを求める

人々は仕事によって自殺に追い込まれる。われわれはそれを知っているし、安全衛生管理庁(HSE)もそれを知っている。ハザーズ誌編集者のローリー・オニールは、心痛を終わらせるためにまったく何もしない規制当局の4つの弱々しい言い […]

悪性請願人に執行猶予・・・検察「量刑が軽い」と控訴/韓国の労災・安全衛生2024年04月08日

苦情処理に不満で、労働庁の職員を九ヶ月間にわたって「罷免させる。殺す」などと脅迫した60代の悪性請願人に対し、一審裁判所が執行猶予を宣告すると、検察がこれを不服として控訴した。 仁川地検は、脅迫容疑で起訴された60代のA […]

職場内いじめの経験者、15.6%が「自死」を考えた/韓国の労災・安全衛生2024年04月07日

この一年間で会社員30%が職場内いじめに遭ったという調査結果が出た。職場内いじめを経験した会社員の中で、いじめの後、極端な選択に悩んだというケースが、15.6%にもなった。 職場の甲質119が2月14日~23日に、全国の […]

公務員の『悪性苦情マニュアル』は無用の長物/2024年3月18日

公務員労働者が、政府に強い「悪性苦情対策」を求めた。 民主労総・公務員労組は18日、大統領室前で記者会見を行い、「政府は悪性苦情の予防と、事後対応機関の責任を強化せよ」と要求した。 5日に金浦市の九級公務員のAさんが死亡 […]

小さな病院・医院職場でのパワハラは深刻・・・「労働基準法適用を」/2024年3月18日

「病院の室長がそっと呼んで、『うちの病院は規模の小さい病院でもなく、院長の人脈も広い。地域内の室長たちをすべて知っているので、あなたが履歴書を出すと私たちに連絡がきて、あなたがどんな人なのかを聞くことになる。病院で働きた […]

苦情で亡くなった公務員、金浦市が加害者を告発する

金浦市がポートホール(道路の陥没)の補修に関する苦情を受ける業務でオンラインに身元が公開され、悪質コメントなどに苦しめられて亡くなった公務員の哀悼期間を一日延期して9日まで運営する。金浦市は、哀悼期間が終われば、採集した […]

【特集2 心理社会的リスク:高まる危機】心理社会的リスクに関する欧州指令に向けた闘い/ナイラ・グレーズ/オード・セファリエロ(インタビュー ベサニー・スタントン(ETUI))

欧州を席巻している「ストレスの流行」に対処するためにEUレベルでの立法措置を求める「エンド・ストレス」キャンペーンは、欧州労働組合総連合及び欧州諸連合の支援を得て、労働組合連合Eurocadres(専門職監督職欧州協議会 […]

長時間労働であるほど自殺率が高く 2024年02月20日 韓国の労災・安全衛生

経済的な困難に長時間労働と過度な労働強化が自殺率と自殺衝動比率を高める要因になるという国策研究機関の診断が出た。 19日、韓国労働研究院の労働レビューに載せられた『韓国の長時間労働の現況と建康』によれば、2022年の自殺 […]

職場内いじめ・性差別事件「ワン・ストップ支援」 2024年02月05日 韓国の労災・安全衛生

これから雇用労働部を訪れる請願人は、賃金不払いだけでなく、職場内いじめや性差別といった事件でも、以前より速かに権利救済の支援を受けられるようになる。 労働部は「賃金不払い、雇用平等、外国人雇用許可制などに、初期の相談過程 […]

【特集2 心理社会的リスク:高まる危機】フランステレコム:「彼らは本当に仕事を妨害した」ローラン・ヴォーゲル(RTUI) ディエゴ・ラヴィエ(写真家)

目次リストラ、自殺者多数戦略的経営の責任コラム 殉教者の目録階級の失われた名誉コラム タブーを打ち破る リストラ、自殺者多数 「結局のところ、この自殺事件はひどかった-彼らは本当に仕事を妨害した」。ディディエ・ロンバール […]