被ばく労働問題に対する私たちの取り組み

関係団体と協力して開催している被ばく労働問題に関する省庁交渉は、回を重ねており、引き続き継続していきます。

緊喫の最低課題は、緊急作業時被ばく線量限度引き上げの問題ですが、東電福島第一原発における労働災害多発、偽装派遣・違法派遣・労働 法令違反、被ばく労働者の長期的な健康管理と遅 発性疾病が発症した場合の補償、除染をめぐる諸問題など、課題は多岐にわたっています。

全国安全センター内部では原子力関連労働者支援局を設置して学習会等を重ねるとともに、関心をもつ他団体と地域センターが協力して被ばく労働問題を考えるネットワークを2012年11月に設立しています。

2015年2月には福島県いわき市でフクシマ原発労働者相談センター(収束・廃炉・除染)が設立され、地元での取り組みが強化されることが期待されるとともに、2017年4月には福島原発被ばく労災損害賠償を支える会(あらかぶさんを支える会)が結成されました。後者は、東電福島第一原発の事故収束作業に従事して急性白血病を発症し、2015年10月に労災認定された後、2016年11月に東電等を被告して提起された裁判です。

また、メディアでも大きく報道されたベトナム人技能実習生を除染労働に従事させた事例や、具体的な労働災害職業病の認定事例の支援等も行っています。