腰痛労災認定基準と運用について

肉体労働と腰痛はつきもの。事務員だって仕事で腰痛になることはむろんある。
腰を痛めて医者に行くと「あなた、仕事やめなきゃ治りませんよ」と言われる。にっちもさっちもいかなくなって、思い切って労災申請したら、不支給決定の通知が届いて「わけわからん」

「どうなってるんだ?」と少し詳しそうな人を探して聞くと「労災は慢性腰痛は認めないよ」とか「椎間板ヘルニアは労災にならないよ」とか言われる。
果ては「災害性(?)は認められやすいけど、非災害性(??)はまず認められないよ」と、聞き慣れない言葉まで飛び出す始末だ。

そのへんの事情を、実際の認定事例を紹介しながら労災認定の現場に立脚して解説し、問題を提起したのがこちら。

時代に即した腰痛認定基準の改訂・運用を!
鈴木江郎(神奈川労災職業病センター)

確かに現行の認定基準※は問題が大きい。改訂を求めていくことも重要。ただ、今の認定基準を研究したり、認定をかちとるすべを過去の認定事例から学ぶことも、また大切だ

腰痛労災認定基準はこちら(全国安全センター情報公開推進局サイト)