全国労働安全衛生センター連絡会議(略称:全国安全センター)は、労働災害職業病の被害者とその家族、労働者・市民のエンパワーメントと、より安全で健康的な職場・社会を実現するためのアドボカシーを促進するために1990年5月12日に設立されました。
長い活動の歴史をもつ、関西労働者安全センター(1973年設立)、高知県労働安全衛生センター(1975年設立)、神奈川労災職業病センター(1978年設立)、大分県勤労者安全衛生センター(1981年)が呼びかけた地域安全センター全国交流会を母体とし、全国安全センター設立後にできた、東京労働安全衛生センター(1998年設立、母体となった研究会は1979年設立)、ひょうご労働安全衛生センター(2000年設立)、名古屋労災職業病研究会(2001年設立)等々、全国各地の地域安全(労災職業病)センターによる全国ネットワークです。
全国安全センターと各地域センターは以下のような活動を行っています。

① 様々な労働災害職業病の被害者とその家族の相談に応じ、治療・労災認定・損害賠償・職場復帰等を支援しています。また中皮腫サポートキャラバン隊中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会全国脊髄損傷者連合会等の被害者団体の活動に協力し、とりわけアスベスト被害では環境被害や曝露源のわからない事例の支援にも豊富な経験を持っています。

② 職場・地域・全国各レベルで労働者・労働組合が必要とする情報や助言を提供するとともに、職場調査・改善、学習・トレーニング等を支援します。講師・トレーナー等を派遣するとともに、医学・法律等の専門家とも連携・協力しています。

③ 課題に応じて、内部に専門チーム-メンハラ局、被ばく労働対策局、情報公開推進局、公務災害対策委員会等を設置するとともに、関係する団体等とのネットワーク(石綿対策全国連絡会議、いじめ・メンタルヘルス労働者支援センターIMC被ばく労働を考えるネットワーク福島原発被ばく労災 損害賠償裁判あらかぶさんを支える会など)を通じた取り組みも積極的に展開しています。

④ 独自に、またネットワーク等を通じて、労働行政等への政策提言や様々な問題についての働きかけを行っています。

⑤ 労災・公害被害者の権利のためのアジア・ネットワーク(ANROEV)やアジア・アスベスト禁止ネットワーク(A-BAN)への積極的参加を含めて、アジア・世界の草の根団体との交流・連携をすすめています。

⑥ 運動・行政・研究など各分野の最新情報の提供、動向の解説、問題提起や全国各地・世界の状況など、他では得られない情報を満載し月刊誌「安全センター情報」を発行しています。

1990年5月12日 結成総会(東京・渋谷)田尻宗昭氏議長就任。
1991年6月2日 第2回総会(神奈川・横須賀)原田正純氏議長就任。
1992年6月21日 第3回総会(広島)
1993年7月4日 第4回総会(新潟)
1994年7月17日 第5回総会(北海道・札幌)
1995年7月21日 第6回総会(東京・新宿)
1996年9月28日 第7回総会(高知)
1997年10月9日 第8回総会(熊本・水俣)井上浩氏議長就任。
1998年7月25-26日 第9回総会(鳥取・三朝)
1999年6月21日 第10回総会(広島・広島)
2000年7月22-23日 第11回総会(大阪・岬)
2001年9月8-9日 第12回総会(神奈川・逗子)天明佳臣氏議長就任。
2002年9月7-8日 第13回総会(三重・鳥羽)
2003年9月6-7日 第14回総会(茨城・土浦)
2004年7月24-25日 第15回総会(福岡)
2005年10月1-2日 第16回総会(沖縄)
2006年9月23-24日 第17回総会(香川・高松)
2007年10月27-28日 第18回総会(群馬・渋川)
2008年9月21-23日 第19回総会(名古屋)
2009年9月25-26日 第20回総会(兵庫・尼崎)
2010年10月30-31日 第21回総会(愛媛・松山)
2011年11月26-27日 第22回総会(北海道・札幌)
2012年10月27-28日 第23回総会(岡山)平野敏夫氏議長就任。
2013年10月5-6日 第24回総会(鹿児島)
2014年10月25-26日 第25回総会(鳥取・三朝)
2015年10月10-11日 第26回総会(福島・いわき)
2016年11月19-20日 第27回総会(大阪・岬)
2017年10月28-29日 第28回総会(長野・大町)
2018年9月29-30日 第29回総会(栃木・宇都宮)
2019年9月28-29日 第30回総会(大阪)