アスベストとモルタル混和材~業界団体HPに今は掲載されない 「石綿含有仕上塗材アンケート結果の詳細」-(付)「モルタル混和材」について

片岡明彦(関西労働者安全センター事務局)

左官が常用したアスベスト(石綿)含有材料

建築職種のひとつである「左官」。
「(宮中の修理に、仮に木工寮の属(さかん)として出入りさせたからいう)壁を塗る職人。かべぬり。壁大工。泥工(でいこう)。しゃかん。」【広辞苑 第七版】
左官職の石綿ばく露としては、建築現場での環境ばく露(間接ばく露)とともに、作業上、石綿含有材料を取り扱うことによる直接ばく露がある。
直接ばく露の原因として問題となるのは、石綿を含有した「モルタル混和材」(後述)、そして石綿を含有した「仕上塗材(ぬりざい)・下地調整塗材」がある。
建築物の内壁外壁の建築用仕上塗材に、かつて石綿が含有されていた。
2006年9月から原則石綿禁止(重量パーセント0.1%以上)が実施される以前の建築物の内装外装仕上げには石綿含有建築用仕上塗材が使用されていた。

工業会提供の石綿含有塗材「公開」情報

この件については、塗材製造メーカーの業界団体である「日本建築仕上材工業会」(以下、工業会)は、同会HPで「アスベスト含有塗材情報のページ」(2005年12月12日付)で情報提供を行っている。
ここをみると同ページ「塗材とアスベストについて」の項に次の記載がある。

現在、日本建築仕上材工業会の会員会社で製造・販売されている仕上塗材や下地調整塗材には、アスベスト(石綿)は全く使用されておりません。
しかし、過去の製品にはアスベストが使用されていたこともありますので、当工業会では会員会社にアンケート調査を実施し、情報を公開しています。(下線筆者)

工業会ホームページ「塗材とアスベスト」より

そして現在、公開されている情報は、「アスベスト含有仕上塗材・下地調整塗材の概要」(以下、「概要」)として掲載されている次の表だ。

アスベスト含有仕上塗材・下地調整塗材の概要

この表の上部には、次の説明が付されている。

アスベスト含有仕上塗材・下地調整塗材に関するアンケート調査結果
* ご利用上の注意
本調査結果は、アスベスト含有仕上塗材・下地調整塗材について、日本建築仕上材工業会の会員会社にアンケート調査を実施し、寄せられた情報をそのまま取り纏めたものです。従いまして、本調査結果は、アスベスト含有仕上塗材・下地調整塗材に関する全ての情報を網羅したものではなく、また、当工業会の会員会社から寄せられた情報の正確性を担保するものではありません。本調査結果を利用するにあたっては、これらの点を十分に理解した上で利用するようにして下さい。なお、個々の製品に関する情報については、当該製品の取扱会社に直接お問い合わせ下さい。

工業会ホームページ「アスベスト含有仕上塗材・下地調整塗材の概要」より

「アンケート結果の詳細」情報提供

ダウンロードできる「概要」PDFには、2005年8月21日という日付が付されており、このアンケート実施はそれ以前の近い時期とみられる。ちなみに2005年6月29日がクボタッショクのはじまった日だ(毎日新聞大阪本社が6月29日付け夕刊でクボタ石綿禍を特報)。
最近、中皮腫サポートキャラバン隊(共同代表・右田孝雄氏、筆者の勤務先のある市民オフィスに大阪事務所がある)に、かつて建築関係のアスベスト調査に携わったいうI氏からA4で6枚の資料提供があった。いただいた資料は見慣れぬものだったが、外山尚紀氏(東京労働安全衛生センター)にお聞きすると、これが、「アンケート結果」の詳細であることがわかった。
外山氏によれば、「ある時期からこの『アンケート結果の詳細』はHPに掲載されなくなった」とのことで、過去に掲載されていた時期に外山氏がPDFとして保管していたものをいただいた。
I氏提供版と外山氏提供版を比べると、I氏提供版で「旭硝子コートアンドレジン」とあるのが外山氏提供版では「AGCコーテック(株)」となっている。
AGCコーテック(株)HPの会社沿革によると、1988年に「社名『ボンタイル株式会社』を『旭硝子コートアンドレジン株式会社』に変更。」、2007年に「社名『旭硝子コートアンドレジン株式会社』を『AGCコーテック株式会社』に変更。」とある。したがって、外山氏提供版は、2007年の社名変更以降に工業会HPに掲載されていたとみられる。
建築物の解体・改修時のアスベスト取り扱いがクローズアップされる昨今、意味がある情報であるので、今回入手した「アンケート結果の詳細」を以下に掲載することにした。(社名については、一部、変更社名などを加筆し、外山氏提供版では掲載製品数が増えているので、ここに掲載した一覧内容は、基本的に外山氏提供版によった)。
なお、後述する「ノザワ」は工業会会員でないためここには含まれていない。

アンケート結果の詳細

日本建築仕上材工業会の現会員会社が過去に製造したアスベスト含有塗材に関するアンケート調査結果

会社名石綿含有製品一般名1一般名2商品名石綿の種類販売開始年販売終了年石綿含有量 (%)
アイカ工業(株)なし
旭化成ケミカルズ (株)なし
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材EボンタイルF1984年迄の種類不明、1985年以降は代替品LFC-3(化学名セピオライト /トレモライト3%含 有)に切替え19731999約1.5
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材EボンタイルP (デラックス)同上197319950.5〜1.0未 満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材REエポキシボンタイル・ スーパーホーロー同上198319880.5未満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材REエポキシボンタイル・ プレミックス同上198019990.5未満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材CEボンタイル・ スーパーC同上198019990.5未満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材CEボンタイルL同上197319770.5未満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層塗材Siダイスボン同上198019990.5〜1.0未 満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材防水形複層塗材Eボンタイル弾性80 (クレーター)同上198219880.5未満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
下地調整材セメント系 下地調整塗材ボンフィラー同上198019990.5未満
ボンタイル株式会社
旭硝子コートアンドレジン(株) 1998年~
AGCコーテック(株) 2007年~
仕上塗材複層仕上塗材RSエポキシ ボンタイルRS白石綿197619880.10〜0.99%
亜細亜工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ポリバモルタル セメントパウダー白石綿19852005.16.23
亜細亜工業(株)仕上塗材複層塗材RSアルトンエポA白石綿19761988.10.1〜0.99
亜細亜工業(株)仕上塗材複層塗材REアルトンエポRE白石綿19781990.20.51〜1.42
イサム塗料(株)仕上塗材複層塗材Eイサムマスチック タイル白石綿197019835
イサム塗料(株)仕上塗材複層塗材Eアトロンマスチック タイル白石綿197219753
イサム塗料(株)仕上塗材複層塗材Eアトロンマスチック タイルEC白石綿197619780.2〜0.8
(株)石蔵商店なし
イビケン(株)なし
(株)梅彦 2009年廃業仕上塗材内装薄塗材Wみやこ寿らく白石綿197019750.4〜0.9
(株)梅彦 2009年廃業仕上塗材内装薄塗材Wメンテジュラク白石綿198419870.44〜0.74
(株)梅彦 2009年廃業仕上塗材外装厚塗材CCモルホワイト白石綿198219880.12
(株)梅彦 2009年廃業仕上塗材外装薄塗材CCロック白石綿198119880.4
(株)梅彦 2009年廃業下地調整材セメント系 下地調整塗材UMボンドフィラー G/W白石綿198319910.88
(株)梅彦 2009年廃業下地調整材セメント系 下地調整塗材UMボンドフィラー PG/PW白石綿198919940.48
宇部興産(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uミックス ♯10白石綿200120041.8 (推定)
宇部興産(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uミックス ♯20白石綿200120041.8 (推定)
宇部興産(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uモル1白石綿200120041.8 (推定)
宇部興産(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uミックス ♯11白石綿200120041.8 (推定)
宇部興産(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uミックス ♯21白石綿200120041.8 (推定)
宇部興産(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uミックス ♯10E白石綿200220041.4 (推定)
(株) エービーシー商会仕上塗材軽量塗材ミクライト茶石綿1965196624.4
(株) エービーシー商会仕上塗材軽量塗材ミクライト茶石綿1966197117.5
(株) エービーシー商会仕上塗材軽量塗材ミクライト茶石綿1971197712.8
(株) エービーシー商会仕上塗材軽量塗材ミクライト茶石綿197719884.6
(株) エービーシー商会耐火被覆材折板屋根用 耐火被覆材ウォールコート M折板用茶石綿1971198939
(株) エービーシー商会仕上塗材防水形複層塗材Eウォールコート -G主材不明197419882
(株) エービーシー商会仕上塗材複層塗材Eウォールコート -クレーター主材不明197319852
(株) エービーシー商会仕上塗材複層塗材Eウォールコート アクリル主材不明197319992
(株) エービーシー商会仕上塗材複層塗材REウォールコート エポキシ主材不明197319992
エスケー化研(株)なし
大阪ガスケミカル (株)なし
大橋化学工業(株)耐火被覆材折板屋根用 耐火被覆材ダンコートF白石綿197119895.6
川口薬品(株)なし
関西ペイント(株)仕上塗材複層塗材REマルチタイルラフ REベース白石綿198119851.17
関西ペイント(株)仕上塗材複層塗材RSマルチタイルラフ RSベース白石綿197619883.2 (推定)
菊水化学工業(株)仕上塗材薄塗材Eケツロナイン白石綿198119870.6
菊水化学工業(株)仕上塗材複層塗材Eキクスイタイル ・エマ白石綿197819821.6
菊水化学工業(株)仕上塗材複層塗材Eアルコート白石綿198519870.2
菊水化学工業(株)仕上塗材複層塗材Siシリカロール白石綿198019800.4
菊水化学工業(株)仕上塗材複層塗材Siシリカタイルゆず肌白石綿197819870.4
菊水化学工業(株)仕上塗材複層塗材Siシリカタイル白石綿197519790.75
菊水化学工業(株)仕上塗材防水形複層塗材Eキクスイ弾性タイル白石綿197419874.6
菊水化学工業(株)仕上塗材防水形複層塗材Eキクスイ弾性タイル・ ルナ白石綿198319870.4
菊水化学工業(株)仕上塗材防水形複層塗材Eラバーウォール白石綿198219870.9
菊水化学工業(株)仕上塗材防水形複層塗材E弾性ウォール白石綿197519774.6
菊水化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材キクスイフィラー白石綿197519870.8
菊水化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材キクスイセメント フィラー白石綿198119820.2
菊水化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材キクスイ カチオンフィラー白石綿198319830.8
菊水化学工業(株)下地調整材エマルション系 下地調整塗材キクスイファンデ白石綿198219870.5
(株)キング鈴井商会なし
近庄化学(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材壁太郎パテ白石綿197019872.9
近庄化学(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材SHOFLEX セメントフィラー白石綿197019872.9
恒和化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ダイヤセメント フィラー白石綿197819930.45
恒和化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ダイヤフィラー白石綿197819930.84
恒和化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ダイヤカチオン フィラー白石綿198319930.84
恒和化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ダイヤフィラー ダンセイ白石綿198519931.12
恒和化学工業(株)仕上塗材厚塗材Cダイヤロック白石綿197519763.2
恒和化学工業(株)仕上塗材厚塗材Cダイヤロック白石綿198319930.1
恒和化学工業(株)仕上塗材軽量塗材アロック白石綿196719860.9
(株)コンステックなし
(株)サメジマ コーポレーションなし
(株)サンクス仕上塗材厚塗材Cローマタイル白石綿198419992
(株)サンクス下地調整材プラスター塗りかえプラスター白石綿198719992
(株)ジェーシーエムなし
四国化成(株)仕上塗材内装薄塗材WジュラックスB不明197119790.7 (推定)
昭和電工建材(株)なし
(株)シンコーなし
神東塗料(株)仕上塗材複層塗材CEセメロン#100白石綿198319880.4
新日鐵高炉 セメント (株)なし
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンジャンボ 外部用カットT白石綿197319880.3
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンジャンボ白石綿197619850.2
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトン外部用白石綿197319870.3
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンミニ ジャンボ白石綿197319870.5
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンコテーラー白石綿198319880.1
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンニュー クレーター白石綿197419882.7
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンクレーター白石綿197319873.2
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Siラフトンシリカ ジャンボ白石綿197919850.3
スズカファイン(株)仕上塗材防水形外装薄塗材Eラバリコートローラー白石綿197919850.2
スズカファイン(株)仕上塗材防水形外装薄塗材Eラバリコート ジャンボ白石綿198119880.1
スズカファイン(株)仕上塗材防水形複層塗材Eラフトン弾性ジャンボ白石綿198019860.2
スズカファイン(株)仕上塗材防水形複層塗材Eラフトン弾性ローラー白石綿198019870.2
スズカファイン(株)仕上塗材防水形複層塗材Eラフトン弾性クレー ター白石綿197819870.2
スズカファイン(株)防水材建築用塗膜防水材ラフトンボースイ タイル(凸模様)白石綿198519870.2
スズカファイン(株)仕上塗材厚塗材Eラフトンスタッコ白石綿197519880.4
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンローラー 外装用白石綿197519870.3
スズカファイン(株)仕上塗材複層塗材Eラフトンローラー フクソウ白石綿197519870.6
スズカファイン(株)仕上塗材石材調仕上塗材ラフトンキャストG白石綿198519870.9
スズカファイン(株)仕上塗材薄塗材Sスズカリシン 溶剤型白石綿197619880.9
スズカファイン(株)仕上塗材内装薄塗材Eラフトンさざなみ白石綿197219870.9
スズカファイン(株)仕上塗材内装薄塗材Eラフトンジュラク白石綿197319870.2
スズカファイン(株)仕上塗材内装薄塗材Eラフトン匠内装用白石綿198419880.4
スズカファイン(株)仕上塗材内装薄塗材Eラフトンローラー 内装用白石綿197519870.3
スズカファイン(株)仕上塗材内装薄塗材Siラフトンシリカ ゆず肌白石綿197819870.1
スズカファイン(株)仕上塗材内装薄塗材Eスズレンスチップル白石綿197919870.7
スズカファイン(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ラフトンSC フィラー粉体白石綿198019880.4
スズカファイン(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ラフトンフィラー 粉体白石綿198519880.4
スズカファイン(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ラフトンフィラー 粉体白石綿198920051
スズカファイン(株)仕上塗材軽量塗材ラフトンノイズレス白石綿197819820.4
スチライト工業(株)仕上塗材軽量塗材アロック不明196719860.9
積水化成品工業(株)なし
(株)セブンケミカル不明仕上塗材防水形複層塗材Eセブンウォール不明1976 (推定)1980 (推定)1未満
大日本塗料(株)仕上塗材複層塗材REDNTタイルベース白石綿197019871~3
大日本塗料(株)コーキング材油性コーキング材DNTコーク白石綿197019865
太平洋 マテリアル (株)下地調整材セメント系 下地調整塗材セメントフィラー白石綿197719830.5未満
太平洋 マテリアル (株)モルタル既調合モルタルユニモルしごき白石綿197719830.5未満
太平洋 マテリアル (株)下地調整材セメント系 下地調整塗材ユニモル薄塗り白石綿197719830.5未満
太平洋 マテリアル (株)仕上塗材複層塗材CEECコートパウダー白石綿197519790.5未満
太平洋 マテリアル (株)仕上塗材複層塗材CEECコートパウダー C3白石綿197919820.5未満
太平洋 マテリアル (株)仕上塗材厚塗材C掻き落しリシン白石綿197919820.5未満
太平洋 マテリアル (株)混和材モルタル混和材アサノKSM ニューコテエース白石綿1992200071
太平洋 マテリアル (株)下地調整材セメント系 下地調整塗材アサノKSM#20白石綿199219997.0〜9.0
太平洋 マテリアル (株)下地調整材セメント系 下地調整塗材アサノKSM#21白石綿199619992.8
太平洋 マテリアル (株)下地調整材セメント系 下地調整塗材アサノKSM#30白石綿199219996.6〜15.8
太平洋 マテリアル (株)混和材左官用軽量骨材アサノ・ マイルドサンド -1・2・3・T白石綿198719912未満
太平洋 マテリアル (株)モルタル既調合モルタルベースモルタル白石綿199720042.8
太平洋 マテリアル (株)モルタル既調合モルタルネットモルタル白石綿199720042.8
太平洋 マテリアル (株)モルタル既調合モルタルRF厚付パウダー SPⅡ白石綿200020041未満
太平洋 マテリアル (株)下地調整材セメント系 下地調整塗材RF防錆セメント白石綿198119830.5未満
太平洋 マテリアル (株)屋根用塗料屋根用塗料アルマネーション白石綿1965198610
高松油脂(株)なし
秩父コンクリート 工業(株)石綿を使用した製品の製造実績 有下地調整材セメント系 下地調整塗材Vセメント白石綿197119811.4
秩父コンクリート 工業(株)石綿を使用した製品の製造実績 有下地調整材セメント系 下地調整塗材セメントフィラー白石綿197919811.2
(株)トウペ仕上塗材防水形複層塗材Eトアエラストベース白石綿198119880.4
(株)トウペ仕上塗材防水形複層塗材Eダンセイフッソ中塗り白石綿198419900.4
(株)トウペ仕上塗材複層塗材Eトアクレイタイル ベース白石綿197619852
(株)トウペ仕上塗材防水形複層塗材Eトアラバトーンベース白石綿198719880.8
東邦レオ(株)モルタル既調合モルタルトーホウォール (上塗材)白石綿198019990.5
(株)トクヤマ エムテック下地調整材セメント系 下地調整塗材ラッキーモル#10白石綿199919990.68 (推定)
(株)トクヤマ エムテック下地調整材セメント系 下地調整塗材ラッキーモル#10白石綿200020010.53 (推定)
(株)トクヤマ エムテック下地調整材セメント系 下地調整塗材ラッキーモル#20白石綿200020010.88 (推定)
(株)トクヤマ エムテック下地調整材セメント系 下地調整塗材ラッキーモル#30白石綿200020012.6 (推定)
(株)トクヤマ エムテックモルタル既調合モルタルエースモルタルⅡ白石綿200120032.6 (推定)
(株)トクヤマ エムテック下地調整材セメント系 下地調整塗材モルキープ#110白石綿200020043.5 (推定)
(株)トクヤマ エムテック下地調整材セメント系 下地調整塗材モルキープ#20白石綿200020043.5 (推定)
(株)トミタなし
ニチアス(株)なし
ニチエー吉田(株)なし
日藻工材(株)回答なし
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSエフスリー (関西)白石綿200020041
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSジャストフィラー (関西)白石綿200020042
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSゼロヨン#10 (関東、関西、九州)白石綿200020043
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSゼロヨン#20 (関西、九州)白石綿200020042
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSゼロヨン#30 (関西、九州)白石綿200020042
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSゼロヨン#40 (関西)白石綿200020042
日本化成(株)モルタル既調合モルタルNSタウンモルタル (九州)白石綿200220041
日本化成(株)混和材モルタル混和材NSハイパウダーⅡ (関西)白石綿2001200434
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSベースモルタル (関西)白石綿200120042
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSボンドHスーパー (九州)白石綿199220026
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSボンドM#150 (関東)白石綿200120042
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSボンドM一般用 (関西)白石綿199319994
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSボンドM外部用 (関西)白石綿199920041
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSボンドM補修用 (関西)白石綿199920044
日本化成(株)モルタル既調合モルタルNSメンテモルタル (関西)白石綿199320042
日本化成(株)混和材モルタル混和材NS防水セメント (九州)白石綿1992199939
日本化成(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材NSボンドP (九州)白石綿199920047
日本スタッコ(株)混和材モルタル混和材ハイワーク白石綿1997200424
日本スタッコ(株)混和材モルタル混和材ハードスタッコ白石綿1998200424
日本特殊塗料(株)仕上塗材可とう形外装薄塗材ENT弾性リシン白石綿197319931.5
日本特殊塗料(株)仕上塗材防水形複層塗材Eハイプルーフ中塗S白石綿198519960.9
日本プラスター(株)なし
日本ペイント(株)なし
(株)ハマキャストなし
(株)林セメント混和材左官用軽量骨材マイルドサンドⅡ白石綿198320003〜1未満
(株)林セメント混和材左官用軽量骨材マイルドサンドⅡB白石綿198820001.5〜1未満
(株)林セメント混和材左官用軽量骨材マイルドサンドⅢ白石綿198520001.5〜1未満
(株)林セメント下地調整材セメント系 下地調整塗材マイルドグリーン #10白石綿199920041
(株)林セメント下地調整材セメント系 下地調整塗材マイルドグリーン #20白石綿199820044
(株)林セメント下地調整材セメント系 下地調整塗材マイルドグリーン #30白石綿199820041
(株)林セメントモルタル既調合モルタルデザインワーク (レギュラー)白石綿199920031
富士川建材工業(株)なし
富士川日本繊化(株)なし
藤倉化成(株)なし
フジワラ化学(株)なし
二瀬窯業(株)混和材モルタル混和材ウォールS白石綿1995200435
二瀬窯業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Uモル白石綿198520042.8
二瀬窯業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Pモル白石綿199020043.4
二瀬窯業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Aモル#20白石綿199720044.6
二瀬窯業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材Aモル#30白石綿199820043.5
二瀬窯業(株)モルタル既調合モルタルヒットモルタル白石綿199220043.4
(株)フッコー仕上塗材薄塗材Eマヂックコート不明197919850.9
(株)豊運モルタルモルタル混和材ビルエース白石綿2002200433(推定)
丸専化学(株)なし
村樫石灰工業(株)なし
明研化学工業(株)仕上塗材複層塗材Eエマルアクリルタイル白石綿197419872.5
明研化学工業(株)仕上塗材防水形複層塗材Eエマル弾性タイル白石綿198019871〜2
明研化学工業(株)仕上塗材防水形複層塗材Eハイ弾性タイル白石綿197919870.9
明研化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材エマルフィラーS白石綿197719790.9
明研化学工業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材エマルフィラーP白石綿197719870.9
メーコー(株)なし
ヤブ原産業(株)仕上塗材複層塗材CモザイクコートC白石綿197019850.2
ヤブ原産業(株)仕上塗材複層塗材EモザイクコートR白石綿197319852.5
ヤブ原産業(株)仕上塗材軽量塗材トーカライトY白石綿197619924
ヤブ原産業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材スーパーフィラー白石綿197520000.8
ヤブ原産業(株)下地調整材セメント系 下地調整塗材スーパーパテ材白石綿197520020.9
山本窯業化工(株)仕上塗材複層塗材EセラタイルU不明198119830.5以下
山本窯業化工(株)仕上塗材複層塗材EセラタイルUローラー不明198019830.5以下
山本窯業化工(株)仕上塗材複層塗材EセラニットRタイル不明198419840.5以下
山本窯業化工(株)仕上塗材外装薄塗材Eセラロテコ不明198019830.5以下
山本窯業化工(株)仕上塗材外装薄塗材Eセラスキンローラー不明198019870.5以下
山本窯業化工(株)仕上塗材外装薄塗材Eセラリシンローラー不明198019800.5以下
陽光物産(株)モルタル既調合モルタルドカモル白石綿200220051.05
吉野石膏(株)なし
(株)リボールなし
ロックペイント(株)なし
(注)蛇紋岩系の粉砕物は、その35%が白石綿であると仮定して算出してあります。

石綿ばく露・被害関連情報はすべてオープンに!

ちなみに、上記情報提供者の方は、リスト中の「内装薄塗材」は一般住宅の壁に使用され、擦ればパラバラ落ちるし、畳の目地にたまる、それが、「ばく露不明」とされている中皮腫の方の発症原因になっているのではないかと強く懸念している、と話しておられた。
もっともなことだと思う。知らされていないことがなんと多いことか。
アスベスト被害、健康被害にかかわる情報は、すべて公開され、誰でも知ることができるようになっているべきだとあらためて考えさせられる。
なお、「石綿含有建築用仕上塗材」について「建築物の改修・解体時における石綿含有建築用仕上塗材からの石綿粉じん飛散防止処理技術指針」(平成28年4月28日:国立研究開発法人建築研究所・日本建築仕上材工業会)が作成・公表されている。

「モルタル混和材」について

左官職の方が日常的に使用する「モルタル混和材」の問題では、2004年7月2日付けで厚生労働省から「左官用モルタル混和材中の石綿含有について」が発表され、同時にばく露防止についての通達(基発0702003号平成16年7月2日)が発出されている。(本誌2004年10月号53~56頁)
当時、2004年10月1日から「限定的石綿禁止」が実施され、石綿セメント円筒など10製品について、石綿(アモサイト、クロシドライトを除く<すでにこの2種類の石綿含有製品は製造等禁止済み)を重量パーセント1%を超える石綿製品の製造等が禁止された。
モルタル混和材問題を厚生労働省が発表したのは、その少し前。
「モルタル混和材」に多くの石綿含有製品があり、製造・流通・使用していたことがわかったため、厚生労働省がこれに対処したということだったとみられる。
モルタル混和材のなかでも有名だったのが、石綿企業で名の知れた「ノザワ」の製品で商品名は「テーリング」(1956~2003年9月)「ニューテーリング」(2003年10月~2004年9月(石綿含有)、2004年10月~(無石綿))。
「テーリング」「ニューテーリング」の製造期間はノザワHPの「石綿含有製品および無石綿製品の製造・販売期間」から引用した。
また、石綿含有については、ノザワHPの「石綿含有製品の使用場所・判別方法」に、「テーリング」について石綿「約45%」の記載がある。
ただ、石綿「100%」と成分表示された「テーリング」も製造、販売されていたとみられる。
試しに、ネットで検索してみると次のような情報もある。

Q 昔はモルタルに石綿が含まれていると耳にしましたが、本当なのでしょうか?
築昭和49年の建物内部のはつり工事を行いました。その部屋は基礎がコンクリで塗装はモルタル 金ごてとなっていました。
はつり工事はマスクをつけて行いましたが、はつりかすの掃除や作業はマスクなしで行いました。
部屋は室内であったこともあり、はつりかすが堆積しており、掃除及び作業で粉塵を吸引しました。
単なるはつりかすであれば、多少吸引しても問題ないでしょうが、石綿が含まれているとなると気になります。
補足
室内はつりなど、長時間付近にいることもありますので、気になるところです。 テーリング材として100%石綿を用いた場合には、重量パーセントは高くなるのでしょうか? どの程度テーリング材を混ぜるか知りませんので教えてください。

A 少なくとも、デマではないです。
モルタルと言うより、混和材にはアスベストを含む製品が存在していました。モルタルと言うより、混和材にはアスベストを含む製品が存在していました。
例えば、ノザワ「テーリング」など。添付画像はその商品に書かれたラベルの一部です
http://www.nozawa-kobe.co.jp/handing/pdf/Asbestos01.pdf
(筆者注:このリンクは切れている)
ですから、そういった商品を大量に混ぜているなら、仕上がった「モルタル」として0.1重量パーセントを超えてアスベストを含有している結果になる可能性があります。
とはいえ、仮に、アスベストを含有していたとしても、既にセメントで固まった状態のものであり、かつ、ごく短期間の工事であれば、健康被害を気にするほど、深刻な内容ではないと思います(はつりを職業とされる方に、突出してアスベスト被害が起きているわけではありませんので)。
※補足の件ですが、左官自体に詳しくはありませんので、実際の使われ方は不明ですが、例えば下の製品の上塗りの場合はセメントの半分量と骨材が1:3ですから、100%アスベストの混和材なら、少なくとも0.1重量%は超えると思われます。
http://www.c-able.ne.jp/~pooh-k8o/morutarun2.html
ちなみに、「無石綿」として販売されていた製品に、アスベストが含まれていたとして問題になったこともあります。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/07/h0702-1b.html

https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1180027621/

回答者の石綿被害に対する認識は甘いと言わざるを得ないが、この投稿に付されていたノザワ「テーリング」の商品ラベルの添付画像は以下のものだ。

下の2つの写真はノザワ製「テーリング」の実物写真。下の写真には、見にくいが「名称 石綿、成分 石綿、含有量 100%」と表示されている(外山氏提供)。
上記の工業会「アンケート詳細一覧」の中にも混和材がいくつか含まれている。
もちろん 「ノザワ」 は、建設アスベスト訴訟の被告企業の一つで左官職の被害者も原告として参加している。

東京新聞2019年4月27日朝刊より
兄の無念を胸に、勝って報告したい
アスベスト訴訟肺疾患の原告

建設現場でアスベスト(石綿)を吸って肺がんなどになったとして、首都圏の元建設従事者と遺族113人が、国と建材メーカー18社に総額約43億円の損害賠償を求めて東京地裁に起こした訴訟が、大詰めを迎えている。26日、第27回口頭弁論が開かれ、兄二人を亡くした原告の吉田重男さん(70)=東京都武蔵村山市=が出廷。「国とメーカーは責任を認めて償ってほしい」と訴えた。9月27日に結審する。(蜘手美鶴)
「なぜ石綿の危険性を知らせてくれなかったのか。悔しくて、残念で仕方ない」。振り絞った声と激しくせき込む音が、静まり返った法廷に響いた。証言台に立った吉田さんは、自らも肺機能が低下するびまん性胸膜肥厚を患う。
吉田さんは6人きょうだいの末っ子で、中学卒業後、次男辰男さんと同じ左官の会社に入り、モルタル作りから下積みを重ねた。
砂とセメントを混ぜ、粘りを出すため石綿含有の混和材を加えると、ふわーっと粉じんが舞った。口に入ってシャリシャリするため、手ぬぐいを口に巻いた。混和材の袋に石綿の危険性を警告する表示を見た覚えはなく、「危険だと知っていたら、防じんマスクをしていた」と後悔する。

三男清治さんも加わり、兄弟三人で左官業を営んだ。最初に異変が現れたのは清治さん。2007年、せきが止まらなくなり、石綿肺と診断された。10年には辰男さんが肺がんに。辰男さんは11年に71歳で、清治さんは12年に69歳で死去。3人とも石綿被害で労災認定された。
んな中、国が1970年代には石綿の危険性を認識していたと知った。国が早期に使用を禁じ、メーカーも危険性の警告を徹底してくれていたら…。集団訴訟の準備をしていた人たちの輪に吉田さんも遺族として加わり、14年5月に提訴した。
訴訟で国側は「法に基づき適正に労働者の安全を確保してきた」などと主張。建材メーカー側も「製品と病気の因果関係が明らかでない」などと反論する。
5年になる法廷闘争も、9月に結審する。吉田さんは「裁判で勝って、『国とメーカーは謝ってくれたよ』と兄貴たちに話したい」と思いを強めている。
◆相次ぐ原告死亡「早く救済を」
建設現場の石綿被害を巡る集団訴訟は、2008年以降、全国で相次いでいる。首都圏では東京と横浜の両地裁に計542人が提訴しているが、原告の患者304人のうち半数超の170人が係争中に亡くなった。首都圏建設アスベスト訴訟統一本部は「患者には時間がない。一刻も早い救済を」と訴える。
集団訴訟は現在、全国で12件が係争中。地裁6件、高裁4件で国の賠償責任を認め、一部ではメーカーの責任も認められた。「一人親方」と呼ばれる個人事業主への国の賠償責任を認める判決も出ている。
石綿関連疾患は発症までの潜伏期間が10~40年と長く、発症すると患者の多くが亡くなることから「静かな時限爆弾」とも呼ばれる。建設アスベスト訴訟全国連絡会は「提訴抜きに救済される制度を国が構築するべきだ」と訴え、補償基金制度の設立を呼びかけている。
写真:亡き兄2人と写る写真を手に「国とメーカーに償ってほしい」と話す吉田重男さん=26日、東京・霞が関の東京地裁前で

東京新聞2019年4月27日朝刊「兄の無念を胸に、勝って報告したい アスベスト訴訟肺疾患の原告」